GENことば

源さんが発した、心に残る言葉を文字に起こすページです。
源さんには教わることがいっぱいある。


※良いものがあったらソースをお知らせ下さい。文字に起こします。


『イケメンを憎む人生から、自分が思うかっこいいことをする人生へ。

自然と集まってきた回りにいるステキな人達が、自分を変えてくれた。』

~自分に自信が無いという方からのメールに真剣に答えている源さんです。(ソース:恐らく星野源のオールナイトニッポン)~

※文字にする為、意味合いは変わらない程度に編集しています。


20代の終わり頃、30歳のちょっと前くらいまで自分に自信が全く無かったです。
例えば10代の思春期に「モテたい!」とか思うわけじゃないですか。
でも顔とかスタイルとか自分のファッションセンスとかを良いと思ったことは一度無かったんです。
朝、鏡で自分の顔を見て「変な顔だなぁ」って毎朝思い、学校に行くわけです。
服を着ていても「変な服だなぁ」って思いながら、どうやったらファッションセンスは良くなるんだろうって考えてました。
親からも「あんたは不細工だしスタイルも良くないから、人の3倍努力しなさい。」と言われて育ったので、自信なんて持ち様が無いわけです。自分が人より劣っているんだという風に思ってずっと生きてきたので、その思いが20代の時に悪い意味で溜まってしまった。
そこでどうしたかというとイケメンを憎むわけです。どうしようもないんだけど、かっこいいものをまず憎むわけです。で、今度は「かっこいいものはかっこ悪いよね」と言い出す。一番情けないパターン(笑)その一番恥ずかしいものをやっていくわけです。
で、悪いものを撒き散らしていくと、回りの人達に嫌われていく。でもそこに気付くには凄く時間がかかるんですよね。かっこいい人を否定する事が止められなくなる。かっこいい人を突っ込んで揚げ足を取ったりが止まらない。
それを仕事にしているような人がラジオやテレビに居て、かっこいいものを否定する事が普通だと思ってしまう。またその人たちが自分の心を救ってくれる人たちだったりするから、それで「俺もソレをやっていいじゃん!」って思っていた。
でもそれは大間違いで、彼らは仕事でやっているだけで、ああいう人達は素で会うと凄くいい人だったりするんですよね。でもそういうのに気付けない自分には、悪い人がどんどん集まってきて、悪い事しか起きなくなってくるんですよね。
自分でやっと気付いた時、「俺、すごいかっこ悪いな」って思って、その時良い感じになるにはどうしたら良いのか考えて、突き詰めていくと中身を良くするしかないんですよ。本当にソレしかないのよ。
あとは「かっこいいあの人」になりたいって思うの、その「かっこいいあの人」になるには「自分がかっこいい」と思う事をするしかなくて、あとは「かっこ悪いことをしない」という事しかないんですよ。
「これをやったらかっこ悪いな、でもやりたくなっちゃうな」ということを頑張ってやらないようにする。本当にそれだけで良いと思う。これだけで回りにいい人がいっぱい増えてくるから。
あとは「自分はこれを頑張っている。」というのは言葉にして人に言ったらダメなんだけど、誰にも言わず頑張っていると絶対に回りは気付くから。
頑張っている事がその人の良さとなったり、頑張り続けていることで自分の顔が変わってくるんですよ。
もちろん顔の造詣が変わったリすることではないんだけど、中身が変わる事によってその人が変わるでしょ?そうするとたとえ不細工でも「不細工の顔が良い」という認識に変わってその人の顔は「いい顔」ってなるとかっこよくなる。
回りにいい人が増えていくと自然と自分に自信が持てるようになります。
自分の回りに素敵な人がいる。僕は他人より何処にいい部分があるかと言うと、回りに素敵な人がいる事だと思います。